MENU
こちらから格安SIMのおすすめランキングや選び方のポイントを確認!

【2022年最新】格安SIMおすすめランキング15選!月額料金や通信速度などを徹底比較!

この記事では、格安SIMおすすめランキングを比較してご紹介します。

スマホ業界で約10年働いている私が、2022年時点で本当におすすめする格安SIMを15社に厳選してランキングにまとめました!

おすすめの格安SIMの月額料金や通信速度だけでなく、自分に合った格安SIMがどこなのか、見分けるためのポイントなども紹介しています。

格安SIM選びに失敗して乗り換え後に不便な思いをしないために、当サイトのランキングをしっかりチェックしておきましょう!

目次

おすすめの格安SIM一覧表!月額料金や通信速度などを比較

スクロールできます
会社名利用回線月額料金かけ放題通信制限時の通信速度初期費用最低利用期間5G対応支払い方法光回線とのセット割主要キャンペーン公式サイト
楽天モバイル楽天0GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
無制限:3,278円
※無制限は楽天回線エリアの場合
Rakuten Link利用でかけ放題:0円1Mbps0円なし対応クレジットカード
口座振替
あり最大30,000ポイント還元楽天モバイル
UQモバイルau3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
国内通話かけ放題:1,870円
国内通話10分かけ放題:770円
通話パック60:550円
300kbps
※15/25GBの場合1Mbps
3,300円なし対応クレジットカード
口座振替
ありauPAY最大15,000円相当還元UQモバイル
LINEMOソフトバンク3GB:990円
20GB:2,728円
準定額:550円
通話定額:1,650円
300kbps
※20GBの場合1Mbps
0円なし対応クレジットカード
口座振替
なしPayPayポイント最大10,000円相当還元LINEMO
ahamoドコモ20GB:2,970円5分以内かけ放題:0円
かけ放題:1,100円
1Mbps0円なし対応クレジットカード
口座振替
なしdポイント還元ahamo
mineoドコモ
au
ソフトバンク
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
mineoでんわ:0円(通話料半額)
10分かけ放題:935円
200kbps3,300円なし対応クレジットカード
口座振替
ありパケット放題プラス2ヶ月無料mineo
ワイモバイルソフトバンク3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
10分以内かけ放題:770円
国内通話かけ放題:1,870円
300kbps
※15/25GBの場合1Mbps
3,300円なし対応クレジットカード
口座振替
ありLineミュージック6ヶ月無料
データ増量キャンペーン1年間無料
ワイモバイル
OCNモバイルONEドコモ500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
OCNでんわ:0円(通話料半額)
10分かけ放題:935円
TOP3かけ放題:935円
完全かけ放題:1,430円
200kbps3,733円なし対応クレジットカード
口座振替
あり人気スマホSALEOCNモバイルONE
IIJmioドコモ
au
2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
24時間いつでもかけ放題:1,400円
かけ放題(10分/回):700円
かけ放題(5分/回):500円
300kbps3,300円なし対応クレジットカードあり対象スマホ購入で10,000円ギフトカードIIJmio
イオンモバイルドコモ
au
①さいてきプラン
0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
※以降10GBまで1GB毎に+110円
②さいてきプランMORIMORI
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
24時間いつでもかけ放題:1,650円
かけ放題(10分/回):935円
かけ放題(5分/回):550円
200kbps3,300円なし対応クレジットカードなし乗り換えで10,000ポイントイオンモバイル
NUROモバイルドコモ
au
ソフトバンク
①バリュープラン
3GB:792円
5GB:990円
10GB:1,485円
②NEOプラン
20GB:2,090円
20GB+カウントフリー:2,699円
5分かけ放題:490円
10分かけ放題:880円
200kbps3,740円なし対応クレジットカードありNEOプラン乗り換え特典NUROモバイル
BIGLOBEモバイルドコモ
au
1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
10分以内かけ放題:913円
3分以内かけ放題:660円
通話パック90:913円
通話パック60:660円
200kbps3,733円なし対応クレジットカード
口座振替
ありエンタメフリーオプション6ヶ月無料BIGLOBEモバイル
povoauデータ使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
5分以内かけ放題:550円
国内通話かけ放題:1,650円
128kbps0円なし対応クレジットカードなしギガプロモカードプレゼントpovo
J:COMモバイルドコモ
au
1GB:1,078円
5GB:1,628円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
かけ放題(5分/回):550円
かけ放題(60分/回):1,650円
200kbps
※10/20GBの場合1Mbps
3,300円なし対応クレジットカードありシニア60割J:COMモバイル
LIBMOドコモ3GB:980円
8GB:1,518円
20GB:1,991円
30GB:2,728円
5分かけ放題:550円
10分かけ放題
:770円
かけ放題マックス:1,430円
128kps3,733円なし非対応クレジットカードありスマホ大特価セールLIBMO
エキサイトモバイルドコモ
au
①段階料金プラン
3GB:495円
7GB:880円
12GB:1,980円
17GB:2,750円
25GB:3,245円
②定額料金プラン
3GB:1,210円
12GB:1,650円
20GB:2,068円
25GB:2,970円

50GB:10,180円
エキモバでんわ:0円
※通話料半額
3分かけ放題:759円
200kbps3,733円12ヶ月間非対応クレジットカードなし端末購入で最大10,000円分の「選べるe-GIFT」プレゼントエキサイトモバイル

おすすめの格安SIMは上記の15社です。

月額料金やキャンペーンなどを比較すると、一番おすすめは楽天モバイルです。

一つの料金プランでデータ容量は0GB~無制限までをカバー!

楽天モバイルでは、専用のRakuten Linkアプリを使えば追加料金なしで通話もし放題、と様々な使い方をしても月額料金が安いのが特徴です。

キャンペーンもかなり手厚いので、詳しくは下記の公式サイトより確認してみてくださいね!

>>楽天モバイル公式サイト

また、格安SIMを比較して選ぶ5つのポイントについては別の章で解説します。

格安SIMへのMNP乗り換えを失敗しないためにも、合わせて確認してみてくださいね。

>>失敗しない!格安SIMを比較して選ぶ5つのポイント

格安SIMおすすめランキング!15選を徹底解説!

この章では、おすすめの格安SIMについて、上記の15選をご紹介します。

それぞれの格安SIM会社のメリットデメリットも合わせてまとめています。

気になる格安SIMがあれば、上記のリンクから飛んで見てみてくださいね!

おすすめ①:楽天モバイル

楽天モバイル
詳細
月額料金0GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
無制限:3,278円
※無制限は楽天回線エリアの場合
かけ放題Rakuten Link利用でかけ放題:0円
メリット・料金プランが一つのみとシンプル
・楽天エリアならパケット無制限
・パートナーエリア(au回線)の5GB使い終わっても1Mbpsで使える
・楽天モバイルで販売されてるスマホの種類が多い
・更新月、契約の縛り、解約金がない
・海外でも2GBまで使える
・「 Rakuten Link 」を使うと通話かけ放題
・楽天ポイントが貯まる、使える
デメリット・楽天自社回線エリアがまだまだ狭い
・データプランがない
・パートナーエリア(au回線)は5GBまで
・カスタマーセンターの評判や口コミが悪い
・今の機種は使えない可能性がある(SIMのみ変更の場合)
公式サイト >>こちらをタップ

楽天モバイルは、3GBまでは月額1,078円で、どれだけ使っても3,278円以上はかかりません。

「Rakuten Link」を使うことで国内通話もかけ放題になるので、月額料金を節約したい人には強くおすすめできますね。

また、今なら同時にスマホをセット購入すると、高額な楽天ポイントが貰えるキャンペーンを実施中!

最新のiPhone13や実質0円以下になる機種、楽天モバイルオリジナル機種など種類も豊富です。

ただし、楽天回線エリアの範囲はまだまだ狭いという点は見逃せないので、スマホをよく使う地域はエリアに入っているかを事前に確認するようにしましょう!

楽天モバイルの口コミ・評判はこちら

おすすめ②:UQモバイル

詳細
月額料金3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
かけ放題国内通話かけ放題:1,870円
国内通話10分かけ放題:770円
通話パック60:550円
メリット・通信品質や通信速度が速い
・でんきやインターネットとの「自宅セット割」でお得
・データ繰越、高速/低速の切り替えがラク
・全国にUQスポットや取扱店がある
・通話オプションが3種類から選べる
・口座支払いに対応
・キャリアメールアドレスが使える
・60歳以上ならお得に使える
・テザリングが無料
デメリット・選べる料金プランが少ない
・通信回線(キャリア)が選べない
・利用可能な端末の相性や端末の制限がある
・家族割がない
・LINEでID検索ができない
公式サイト >>こちらをタップ

UQモバイルでは節約モードがあるので、データ通信を節約して使いたい人は特におすすめです。

また、対象のインターネットやUQでんきとセット利用で「自宅セット割」が適用され、データ容量3GBのプランで月額990円~利用できます。

台数制限も10台なので、家族と合わせて使うことで月額料金を更にお得にすることも!

万が一、UQモバイルが合っていないなと感じても契約期間の縛りがなく、解約金も無料でMNP乗り換えができる点も安心ですね!

UQモバイルの口コミ・評判はこちら

おすすめ③:LINEMO

詳細
月額料金3GB:990円
20GB:2,728円
かけ放題準定額:550円
通話定額:1,650円
メリット・3GBか20GBの2種類から選べる
・LINEアプリがデータ消費なし
・5分以内の通話オプションが1年間無料
・最低利用期間や違約金がない
・制限時も最大速度1Mbpsで速い
・4G/5Gで毎月20GB使用可能
・ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMO間の乗り換えは手数料無料
・テザリングが無料
デメリット・申し込みやサポートはオンラインのみ
・おうち割光セットや家族割には非対応
・18歳未満は契約ができない
・留守番電話や転送電話を使えない
・キャリアメールが使えない
・ソフトバンク端末も含め、SIMロック解除しないと使えない
・海外でのデータ通信は有料でアメリカ放題は非対応
公式サイト >>こちらをタップ

LINEMOでは、LINEが使い放題といった特徴があります。

普段からLINEをよく使っている方は、使い放題やスタンプ無料といったメリットがあるLINEMOがおすすめ!

また、LINEMOはMVNOではなくソフトバンクが提供するため、ネットワークの品質もソフトバンクと同一となっています。

ネットワーク利用の公平性を確保すべく、ソフトバンクでは大容量の通信をするユーザーに対して通信制御をする場合がありますが、この条件もソフトバンクとLINEMOでは同じです。

20GBと大容量ながら低価格、かつ高品質なソフトバンクの通信回線を使っているので初めて乗り換える方でも安心して利用できます。

LINEMOの口コミ・評判はこちら

おすすめ④:ahamo

詳細
月額料金20GB:2,970円
かけ放題5分以内かけ放題:0円
かけ放題:1,100円
メリット・20GBまで使い放題で2,970円で安い
・5分以内の通話が無料
・最低利用期間や違約金がない
・制限時も最大速度1Mbpsで速い
・海外でも追加料金なしで利用できる
・4G、5Gで毎月20GB使用可能
・dカードやdカード GOLDでの支払いなら最大5GBのパケット増量
・テザリングが無料
デメリット・申し込みやサポートはオンラインのみ
・ドコモ光やみんなドコモ割の割引対象外
・未成年は契約ができない
・留守番電話が使えない
・キャリアメールが使えない
・かけ放題は取り外せない
公式サイト >>こちらをタップ

ahamoは、月額料金は2,970円と格安で使える上、ドコモの電波を安定して使えます。

大手キャリアからahamoに乗り換えると、ほとんどの人が安くなります。

月のデータ容量が20GBもあれば基本的には日常生活で困ることはないでしょう。

20GBを超えた場合に関しては、最大1Mbpsに速度は下がりますが、最大1Mbpsあればwebサイトの閲覧やYouTubeの標準画質の動画視聴ができます。

また、現在の通信速度に不満を感じている人もahamoがおすすめです。

ahamoはドコモと同じ回線を使っているため、通信速度が速く、回線が安定しています。

万が一、ahamoが合っていないなと感じても契約期間の縛りがなく、解約金も無料でMNP乗り換えができるため気軽に申し込みすることができますよ。

ahamoの口コミ・評判はこちら

おすすめ⑤:mineo

mineo
詳細
月額料金1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
かけ放題mineoでんわ:0円(通話料半額)
10分かけ放題:935円
メリット・大手3キャリアに対応しているから今のスマホそのままでOK
・「パケット放題 Plus」でデータ通信が実質無制限で利用できる
・困ったときはコミュニティサイト「マイネ王」で安心
・eo光とのセットで12ヶ月間割引が受けられる
・契約期間なし、解約手数料なし
・mineoはパケットが分けあえる独自のサービスがある
・mineoでんわで通話料が半額
・テザリングが無料
デメリット・SNSなどのカウントフリーオプションがない
・実店舗がかなり少ない
・時間帯によっては通信速度が遅い
・料金プランが多いが自分に合ったプランを選ぶのがやや面倒
・完全かけ放題がない
公式サイト>>こちらをタップ

mineoの最大の特徴は「パケット通信Plus」があります。

普段からデータ容量を多く使っている方は、通信速度が1.5Mbpsで実質使い放題というメリットがあるmineoがおすすめ!

また、mineoはSIMカードの種類をドコモ・au・ソフトバンクの3種類から選ぶことができるので、大手キャリアから乗り換える時も安心です。

高速通信ほどではないにせよ、ある程度の通信速度があれば問題ない人はmineoを選びましょう!

mineoの口コミ・評判はこちら

おすすめ⑥:ワイモバイル

ワイモバイル
詳細
月額料金3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
かけ放題10分以内かけ放題:770円
国内通話かけ放題:1,870円
メリット・通話品質や通信速度が速い
・家族割で月額料金がお得
・ソフトバンク光やソフトバンクAirとのセット割でお得
・全国にワイモバイルショップや取扱店がある
・通話オプションが選べる
・Yahoo!プレミアムが無料
・最低利用期間や違約金がない
・ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMO間の乗り換えは手数料無料
・テザリングが無料
デメリット・通信回線が選べない
・利用可能な端末の相性や端末の制限がある
・データ繰り越しや節約モードがない
・無制限プランがない
公式サイト >>こちらをタップ

ワイモバイルでは、家族割や光セット割を利用するとお得という特徴があります。

ソフトバンクグループで自宅の光回線もスマホもまとめたい人は、ワイモバイルがおすすめですよ!

また、ワイモバイルはMVNOではなくソフトバンクが提供するため、ネットワークの品質もソフトバンクと同一となっています。

大手キャリアに比べて低価格、かつ高品質なソフトバンクの通信回線を使っています。

ワイモバイルショップだけでなく、全国の量販店やソフトバンクショップでもサポートできるため、初めて乗り換える方でも安心して利用できますよ。

おすすめ⑦:OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
詳細
月額料金500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
かけ放題OCNでんわ:0円(通話料半額)
10分かけ放題:935円
TOP3かけ放題:935円
完全かけ放題:1,430円
メリット・端末本体のセールで安い
・月額料金が安い
・通話オプションが豊富
・OCN光とのセット割がお得
・節約モードでギガの節約ができる
・対象音楽サービスがカウントフリー
・テザリングが無料
デメリット・大容量プランがない
・eSIMが非対応
・実店舗が少ない
・通信回線が選べない
・家族割サービスがない
公式サイト >>こちらをタップ

OCNモバイルONEは、セット購入できる端末の種類やお得さが特徴の格安SIMです。

販売されている端末も人気のiPhoneやAndroid機種など種類も豊富なので、お気に入りのスマホ端末も見つかるはず!

OCNモバイルONEでは、日本全国で安定して使えるドコモ回線を利用しており、お昼などの混みあう時間帯でも通信速度も速いと評判です。

さらにOCNモバイルONEとOCN光とセットで使うことで、月額200円の割引が最大5回線まで適用できます!

格安SIMは元々月額料金が安いので、光回線とのセット割がない会社や割引がしょぼい会社も多いです。

その中でもOCNモバイルONEはかなり手厚い割引があるのは嬉しいですよね。

おすすめ⑧:IIJmio

IIJmio
詳細
月額料金2GB:850円
4GB:990円
8GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
かけ放題24時間いつでもかけ放題:1,400円
かけ放題(10分/回):700円
かけ放題(5分/回):500円
メリット・月額料金が安い
・余ったデータ量を翌月に繰り越せる
・セット販売の端末の種類が豊富
・通話オプションが充実
・通信回線が選べる
・eSIMで申し込みができる
・テザリングが無料
デメリット・au回線は3日間の速度制限がある
・低速モードに容量制限がある
・実店舗が少ない
・キャリアメールが使えない
・混みあう時間帯に弱い
公式サイト >>こちらをタップ

IIJmioは、月額料金が業界最安級で持てるという特徴があります。

そのため、店舗でのサポートは重視しない代わりに少しでも月額料金を抑えて利用したい人にはIIJmioがおすすめですね!

また、IIJmioは音声契約なしの「データプラン」の用意があるので、2回線の併用などで安く使いたいという人にもぴったりです。

一部家電量販店にも取り扱いがあるので、ぜひ検討してみてくださいね!

おすすめ⑨:イオンモバイル

イオンモバイル
詳細
月額料金①さいてきプラン
0.5GB:803円
1GB:858円
2GB:968円
3GB:1,078円
※以降10GBまで1GB毎に+110円
②さいてきプランMORIMORI
20GB:1,958円
30GB:3,058円
40GB:4,158円
50GB:5,258円
かけ放題24時間いつでもかけ放題:1,650円
かけ放題(10分/回):935円
かけ放題(5分/回):550円
メリット・全国200店舗以上のイオンで取り扱いがある
・利用するデータ通信量によって細かく設定できる
・月額料金が安い
・高速通信のオンオフができる
・最低利用期間や違約金がない
・データシェアプランがある
・シニア限定プランがある
・テザリングが無料
デメリット・端末代金が割高
・未成年者は契約できない
・混みあう時間帯に遅い
・解約する際は店頭か電話でのみ受付
公式サイト >>こちらをタップ

イオンモバイルは、利用するデータ量に応じて料金プランを細かく設定できるという特徴があります。

そのため、毎月のデータ量を都度変更できる、見直せるような人にはイオンモバイルがおすすめですね。

また、イオンモバイルは家族でデータ量をシェアできる「シェアプラン」の用意があるので、家族でまとめて安く使いたいという人にもぴったりです!

全国にイオンに取り扱いがあるので、近隣にイオンがあればぜひ検討してみてくださいね!

おすすめ⑩:NUROモバイル

NUROモバイル
詳細
月額料金①バリュープラン
3GB:792円
5GB:990円
10GB:1,485円
②NEOプラン
20GB:2,090円
20GB+カウントフリー:2,699円
かけ放題5分かけ放題:490円
10分かけ放題:880円
メリット・月額料金が安い
・余ったデータ量を翌月に繰り越せる
・データ容量のプレゼントができる
・最低利用期間や違約金がない
・専用アプリを使えば通話料が半額になる
・テザリングが無料
デメリット・高速通信、低速通信の切り替えができない
・口座振替に対応していない
・大容量プランがない
・実店舗が少ない
・混みあう時間帯に弱い
公式サイト >>こちらをタップ

NUROモバイルは、ソニーグループが提供する月額料金が安いのが特徴の格安SIMです。

NUROモバイルには豊富な料金プランが用意されており、毎月使っているデータ量に合わせて小容量から20GBまで選ぶことができますね。

NEOプランでは、TwitterやInstagramなどのSNSがカウントフリーになっているので、SNSをメインとして使っている方でも安心してたっぷり利用できます!

月額料金を安くしたい方やSNSメインで利用している方は、NUROモバイルを検討してみてくださいね。

おすすめ⑪:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの料金プラン
詳細
月額料金1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
かけ放題10分以内かけ放題:913円
3分以内かけ放題:660円
通話パック90:913円
通話パック60:660円
メリット・月額料金が安い
・「エンタメフリーオプション」でYouTube見放題
・「BIGLOBEでんわ」で電話代を節約
・「家族割」「シェアSIM」で夫婦・家族でも利用しやすい
・余ったデータ量を翌月に繰り越しできる
・6GB以上の契約なら全国83,000ヶ所の「BIGLOBE WiFi」が無料
・BIGLOBE WiMAX 2+やビッグローブ光と利用すると、セット割で安くなる
・Gポイントを月額料金支払いに充てられる
デメリット・「エンタメフリーオプション」は画質制限がある
・データSIMに1GBのプランがない
・完全かけ放題プランがない
・実店舗が少ない
・高速低速切り替えが出来ない
・LINEでID検索ができない
公式サイト >>こちらをタップ

BIGLOBEモバイルは、エンタメフリーオプションでYouTubeなどが使い放題になるのが特徴です。

そのため、データ量を気にせずにYouTubeなどのエンタメ系のコンテンツが使い放題なのが嬉しいですね!

ドコモとauで回線の種類を選べ、大手キャリアからBIGLOBEモバイルに乗り換えるとほとんどの人が安くなります。

また、BIGLOBEモバイルが合っていないなと感じても契約期間の縛りがなく、解約金も無料でMNP乗り換えができるため気軽に申し込みすることができますね。

BIGLOBEモバイルの口コミ・評判はこちら

おすすめ⑫:povo

詳細
月額料金データ使い放題(24時間):330円
1GB(7日間):390円
3GB(30日間):990円
20GB(30日間):2,700円
60GB(90日間):6,490円
150GB(180日間):12,980円
かけ放題5分以内かけ放題:550円
国内通話かけ放題:1,650円
メリット・使いたいときにトッピングできる
・通信速度が速いので安定
・最低利用期間や違約金がない
・電話かけ放題がトッピングできる
・DAZNなどのコンテンツが安い
・eSIMや5Gが使える
・ギガ活でギガがもらえる
・テザリングが無料
デメリット・申し込みやサポートはオンラインのみ
・光セット割や家族割には非対応
・留守番電話や転送電話を使えない
・キャリアメールが使えない
・長期間トッピングなしだと契約解除になる
・キャンペーンがない
公式サイト >>こちらをタップ

povo2.0は、基本使用料は0円で必要に応じてトッピングでパケットやオプションを購入するのが特徴です。

月間のデータ量が変更したり、数日だけデータ量を気にせず使いたい人は「データ使い放題(24時間)」のあるpovoがおすすめ!

また、povoはMVNOではなくauが提供するサブブランドのため、ネットワークの品質もauと同一となっています。

ネットワーク利用の公平性を確保すべく、auでは大容量の通信をするユーザーに対して通信制御をする場合がありますが、この条件もauとpovoでは同じです。

高品質なauの通信回線を使っているので初めて乗り換える方でも安心して利用できます。

おすすめ⑬:J:COMモバイル

詳細
月額料金1GB:1,078円
5GB:1,628円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
かけ放題かけ放題(5分/回):550円
かけ放題(60分/回):1,650円
メリット・月額料金が安い
・最低利用期間や違約金がない
・全国45店舗でサポートが受けられる
・余ったデータ量を翌月に繰り越せる
・60歳以上なら5分かけ放題が1年間無料
・au認定の中古iPhoneが低価格で買える
・テザリングが無料
デメリット・セット購入できる端末の種類が少ない
・混みあう時間帯に弱い
・口座振替に対応していない
・J:COMのテレビやネットとセット割がしょぼい
・LINEでID検索ができない
・キャリアメールが使えない
公式サイト >>こちらをタップ

J:COMモバイルはUQモバイルと比較して、J:COMサービスとセットで利用するとデータ量が増えてお得という特徴があります。

J:COMサービスで自宅の光回線やスマホなどをまとめたい人は、J:COMモバイルがおすすめですよ!

また、J:COMモバイルはau回線を利用しており、ネットワークの品質もauと同一となっているため安心です。

60歳以上の方が利用者なら割引価格で使うことも可能!

J:COMモバイルは、取り扱い店舗が全国に45店舗と限られているものの、近隣にあればぜひ検討してみてくださいね!

おすすめ⑭:LIBMO

LIBMO
詳細
月額料金3GB:980円
8GB:1,518円
20GB:1,991円
30GB:2,728円
かけ放題5分かけ放題:550円
10分かけ放題:770円
かけ放題マックス:1,430円
メリット・月額料金が安い
・料金プランが豊富
・最低利用期間や違約金がない
・余ったデータ量を翌月に繰り越せる
・端末のセット購入がお得
・株主優待で月850円引き
・テザリングが無料
デメリット・大容量プランが安い
・混みあう時間帯に弱い
・高速通信、低速通信の切り替えができない
・口座振替に対応していない
・実店舗が少ない
公式サイト >>こちらをタップ

LIBMOは、TOKAIコミュニケーションズが提供するドコモ回線の格安SIMです。

LIBMOは月額料金の安さや複数枚のSIMでデータ量をシェアできるのが特徴!

また、セキュリティサービスが12ヶ月間無料で使える点も見逃せません。

LIBMOは家族まとめて月額料金を安くしたい方や、セキュリティ面を重視する方におすすめの格安SIMです。

さらに、株主優待を保有している場合、月額料金がさらに安くなる点も嬉しいポイントですね。

おすすめ⑮:エキサイトモバイル

エキサイトモバイル
詳細
月額料金①段階料金プラン
3GB:495円
7GB:880円
12GB:1,980円
17GB:2,750円
25GB:3,245円
②定額料金プラン
3GB:1,210円
12GB:1,650円
20GB:2,068円
25GB:2,970円

50GB:10,180円
かけ放題エキモバでんわ:0円
※通話料半額
3分かけ放題:759円
メリット・月額料金が安い
・定額制と従量制プランから選べる
・低速モードの切り替えができる
・バースと転送機能でデータ量の節約ができる
・データシェアができる
・エキモバでんわで通話料が半額
・テザリングが無料
デメリット・混みあう時間帯に弱い
・口座振替に対応していない
・実店舗が少ない
・LINEでID検索ができない
・キャリアメールが使えない
公式サイト >>こちらをタップ

エキサイトモバイルは、使った分だけ支払いをする「段階制」と上限が決められている「定額制」で料金プランを選べるのが特徴の格安SIMです。

格安SIMで段階性の料金プランがあるのは珍しいので、月によってデータ使用料が変動する方にはエキサイトモバイルがぴったり!

使い方によって自分に合っている料金プランを、いつでも変更できるのも嬉しいポイントです。

また、かけ放題オプションが充実していないので、データ通信メインで使う人にはエキサイトモバイルがおすすめですね。

失敗しない!格安SIMを比較して選ぶ5つのポイント

ポイント①:対応回線

ポイント②:月額料金

ポイント③:通信速度

ポイント④:データ容量

ポイント⑤:キャンペーン内容と条件

格安SIMを比較して選ぶポイントは上記の5点です。

月額料金が安くなったとしても、そもそも快適に使えないと意味がないですからね…。

格安SIMの会社によってはキャッシュバックなどもあるため、キャンペーンの適用条件なども確認しておくと安心ですよ。

格安SIMを選ぶポイントについて、それぞれ見てみましょう。

ポイント①:対応回線

格安SIMを選ぶ際は、対応回線を必ず確認しましょう。

格安SIMが提供する対応回線によって、通信速度やMNP乗り換えのしやすさが違います。

格安SIMは毎月の利用料金を安くするために、大手キャリアから回線を借りてサービスを提供。

例えば、「UQモバイル」はau回線、「OCNモバイルONE」はドコモ回線を利用して通信を行います。

mineoのようにドコモ・au・ソフトバンク3社すべてのキャリアから回線を借りている格安SIMは少なく、3社のうちいずれかから借りているケースが多いですね。

また、現在利用中のキャリアに対応している回線であれば、使っている端末のSIMロック解除手続き不要!

格安SIMに変更した際にSIMロック解除不要で、今の端末がそのまま利用できる点も嬉しいですね。

ポイント②:月額料金

格安SIMを選ぶ際は、月額料金が毎月の予算内に収まるかどうか確認しておきましょう。

格安SIMは大手キャリアと比べると月額料金は安くなります。

その一方で、格安SIMでは同じデータ容量でも提供会社によって月額料金には差があります。

格安SIMを比較する際は、データ容量やかけ放題などの条件で、自分に合う会社がどこなのかチェックしましょう!

ポイント③:通信速度

格安SIMを選ぶ際は、通信速度も必ず確認しておきましょう。

格安SIMの通信速度は、周囲の環境や混雑状況によって変化します。

また、各社格安SIMの公式サイトで記載されている最大速度は、あくまで理論値です。

そのため、格安SIMの通信速度を比較する際は最大速度だけではなく、実数値を見ることも重要なポイントです。

実数値については、格安SIM速度比較サイトでリアルタイムで更新されているのでおすすめです。

通信速度を比較して、より安定して使える格安SIMを選びましょう。

ポイント④:データ容量

格安SIMを選ぶ際は、どのくらいデータ量を消費しているのか確認しておきましょう。

格安SIMでは、小容量プランから大容量プランまで幅広い容量のなかから、選べるという特徴の会社もあります。

例えば、イオンモバイルなら1GB毎に細かく設定することができます。

しかし、普段のデータ使用量を把握していないと自分に合っていないデータ容量を選択してしまい、結局月額料金が高くなり損をしてしまうことも…。

直近3ヶ月間でどのくらいの容量を使っているのかを目安にすると、スムーズにデータ容量を確認できます。

自分に合ったデータ容量を選択できるように、格安SIMに変更する前に必ず確認しておきましょう。

データ容量を確認するのが面倒な場合は、使った分だけお支払いする楽天モバイルがおすすめですよ!

ポイント⑤:キャンペーン内容と条件

格安SIMを選ぶ際は、キャッシュバックや月額割引などのキャンペーン内容や条件を必ず確認しましょう。

キャンペーンの内容によっては、キャッシュバックやポイント付与されるまでの期間が長かったり、不要なオプションの加入が必須な場合があります。

そうなると受け取りが難しいため、格安SIMに変更したことを後悔する可能性が…。

格安SIMのキャンペーンなどを比較する際は、内容や適用条件などを確認しておくと安心ですよ!

【2022年最新】格安SIMおすすめランキング!15選を徹底比較/まとめ

格安SIMのおすすめ15選の比較について、上記のような内容をまとめました。

それぞれの格安SIMについて、メリットデメリットやおすすめできる人などをご紹介しました!

改めて詳しく見たい方は、上記のリンクから見直してみてくださいね。

また、格安SIMを選ぶときの5つのポイントについても解説!

月額料金だけでなく、キャンペーンの内容など見るべきポイントをまとめました。

格安SIM選びで失敗しないためにも、この記事を参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

※当サイトはリンクフリーです。

2020年1月格安SIMブログ「べろりか公式ブログ」運営開始
スマホ業界9年の元トップ販売員が《楽天モバイル》《UQモバイル》《BIGLOBEモバイル》について分かりやすく解説していきます。

当ブログと同時にSNS運用。Twitterでは、約4,000名のフォロワーさん獲得。

仕事の依頼、格安SIMの個人的な相談は気軽にTwitterのDMへ。
また記事を紹介して頂いた際はTwitterで拡散します。お気軽にTwitterDMへご連絡ください。

目次
閉じる