MENU
楽天モバイルでiPhone13の予約開始!格安で手に入れる方法はこちらから!

「LINEMO」の評判・口コミを徹底調査!メリットデメリットも完全解説!

LINEMOの口コミ・評判を知りたい…!

この記事では、LINEMOの評判・口コミを徹底調査し、メリットデメリットを解説していきます。

ソフトバンクのオンライン専用プランである「LINEMO」ですが、3GBで月額990円という料金の安さや通信速度・エリアが安定していることで選ばれています。

しかし、キャリアメールが使えなかったりソフトバンクで使えていた割引が使えないなど注意事項もあります。

LINEMOの口コミ・評判やメリットデメリットを知りたい人はこの記事を参考にして、申し込みに進みましょう!

LINEMO

LINEMOではお得なキャンペーンを実施中!

✓通話オプション割引キャンペーン

✓LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン

✓PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン

目次

「LINEMO」の良い口コミ・評判

では、まずはLINEMOの良い口コミ・評判を見ていきましょう!

通信速度関連の口コミ・評判が目立っています。

通信速度が速い!という「LINEMO」の良い口コミ・評判

LINEMOはソフトバンクと同等の電波を利用したサービスです。

そのため、他の格安SIMに比べてお昼時などの込み合う時間帯でも安定して通信できます!

LINEスタンププレミアム実質無料がいい!という「LINEMO」の良い口コミ・評判

LINEMOの特典として「LINEスタンププレミアム」が実質無料で使うことができます。

有料スタンプが使い放題というサービスです。

LINEをメインとして使うという人には特におすすめできますよ!

1Mbpsでも十分使える!という「LINEMO」の良い口コミ・評判

LINEMOは、決められたデータ量を使い切ると通信速度が1Mbpsになります。

しかし、1Mbpsという速度はYouTubeの通常画質やSNS程度なら問題なく使えます。

そもそもLINEのデータ消費が0ということを考えると安心感がありますね。

「LINEMO」の悪い口コミ・評判

続いて、LINEMOの悪い口コミ・評判を見ていきましょう!

人によっては変わりますが、場所によっては通信速度が遅いと感じるようです。

通信速度が遅い!という「LINEMO」の悪い口コミ・評判

LINEMOとUQモバイルは使う電波が違うため、場所によっては通信速度の差を感じる可能性があります。

ソフトバンクの電波が入りにくいという人は避けた方が無難かもしれません。

20GBでは足りない!という「LINEMO」の悪い口コミ・評判

20GBでは足りないという声も見られました。

もしもYouTubeなどの動画コンテンツを使って上限を超えてしまうのであれば「BIGLOBEモバイル」「楽天モバイル」を検討してみてもいいでしょう。

まずは使い方を見直してどの会社が合うのか検討してみましょう!

留守番電話や転送電話がなくて不便!という「LINEMO」の悪い口コミ・評判

LINEMOには留守番電話や転送サービスがありません。

今後サービスを開始する見通しもないため、仕事柄外せないという人は避けた方が無難ですね。

「LINEMO」の7つのデメリット

デメリット1.申し込みやサポートはオンラインのみ

デメリット2.おうち割光セットや家族割には非対応

デメリット3.18歳未満は契約ができない

デメリット4.留守番電話や転送電話を使えない

デメリット5.キャリアメールが使えない

デメリット6.ソフトバンク端末も含め、SIMロック解除しないと使えない

デメリット7.海外でのデータ通信は有料でアメリカ放題は非対応

LINEMOのデメリットは上記の通り。

詳しく見ていきましょう。

デメリット1.申し込みやサポートはオンラインのみ

キャリア店頭での申し込みオンラインでの申し込み
ソフトバンク
ワイモバイル
LINEMO×

LINEMOは、オンライン専用のプランです。

申し込みやサポートはオンラインでの手続きになる点は注意が必要です。

そのため、オンラインでの手続きに慣れていない方にとって、LINEMOのサポート体制はデメリットの1つと言えます。

LINEMOのように有料でも店頭サポートの用意がない点は注意しましょう。

デメリット2.おうち割光セットや家族割には非対応

割引サービス割引額
おうち割光セット550円~1,100円
新みんな家族割人数に応じて~2,200円

LINEMOは、ソフトバンクの家族割引やソフトバンク光の割引対象外な点は注意しましょう。

上の表が割引対象外になるソフトバンクの割引サービスです。

とはいえ、ソフトバンクに変更した方が基本的には安くなります。

ソフトバンクからLINEMOへ乗り換えて月額990円もしくは2,728円で利用した方が、それぞれの割引を受けた場合の割引よりも安くなるからです。

デメリット3.18歳未満は契約ができない

LINEMOは18歳以上でないと契約できません。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイルでは、必要書類がそろっていれば未成年だけで契約できることを考えると、未成年で契約できないのはやや不便と言えるでしょう。

もしも、18歳未満でLINEMOを契約する場合は以下の流れで進めましょう。

①18歳以上の親権者名義でLINEMOを申し込み

②18歳未満の方を利用者として登録

以上で18歳未満でもLINEMOを使うことが可能。

どうしても親権者名義での申し込みが難しい場合は、素直に大手キャリアやワイモバイルで申し込みを進めるのが無難かもしれませんね。

デメリット4.留守番電話や転送電話を使えない

LINEMOでは、留守番電話や転送電話サービスが利用できません。

仕事で電話を使う場合、不在の時に留守番電話が使えないのは意外と不便です。

悪い口コミ・評判でも触れましたが、Twitterでは「有料でも留守電サービスがあったらよかったのに…」という声が目立ちました。

しかし、LINE電話では留守電は不要ですし、仕事以外では留守番電話の利用頻度はそこまで多くはないのではないのでしょうか。

というのも、LINEMOならLINEをいくら使ってもデータ量の消費はありません。

そのため、仕事用で電話を使う方限定のデメリットとも言えるでしょう。

デメリット5.キャリアメールが使えない

LINEMOではソフトバンクなどのキャリアメールは使えません。

LINEMOに乗り換えたら、基本的にはGmailやYahoo!mailなどのフリーアドレスを使っていくことになるので注意してくださいね。

また、2021年12月より有料でキャリアメールの持ち運びができるようになりました。

ソフトバンクのキャリアメールを持ち運ぶのには年額3,300円です。

キャリアメールの持ち運び後は、メールアプリや、OS標準のメールアプリでキャリアメールが利用可能!

どうしても必要な場合はキャリアメールを残すというのも選択肢としてありでしょう。

デメリット6.ソフトバンク端末も含め、SIMロック解除しないと使えない

LINEMOではソフトバンク回線を使ったサービスです。

しかし、ソフトバンクで購入した端末でもSIMロック解除が必要な点は注意しましょう。

SIMロック解除については「my Softbank」から行うことが可能。

必ず事前に実施するようにしましょう。

デメリット7.海外でのデータ通信は有料でアメリカ放題は非対応

ご利用バイト数割引前通信料/日定額料/日
25MBまで0円 ~ 51,199円0円 ~ 1,980円
25MB以上51,200円 ~2,980円
「海外パケットし放題」の定額料金

LINEMOは海外でのデータ通信は有料です。

また、ソフトバンクのアメリカ放題についても非対応。

LINEMOを海外で使う場合は上の表のような料金がかかるので注意しましょう。

そのため、LINEMOユーザーが海外に行く場合は海外専用のWi-Fiルーターをレンタルした方が安くなる可能性があります。

また、ahamoや楽天モバイルでは追加料金なしで海外でデータ通信ができます。

海外利用をする予定している方については、ahamoと楽天モバイルも合わせて検討してみて下さいね。

「LINEMO」の8つのメリット

メリット1.3GBか20GBの2種類から選べる

メリット2.LINEアプリがデータ消費なし

メリット3.5分以内の通話オプションが1年間無料

メリット4.最低利用期間や違約金がない

メリット5.制限時も最大速度1Mbpsで速い

メリット6.4G・5Gで毎月20GB使用可能

メリット7.ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO間の乗り換えは手数料無料

メリット8.テザリングが無料

LINEMOのメリットは上記の8点。

詳しく見ていきましょう!

メリット1.3GBか20GBの2種類から選べる

プラン名データ容量月額料金
ミニプラン3GB990円
スマホプラン20GB2,728円

LINEMOでは3GBプランと20GBプランから選ぶことができます!

3GBで990円は他の格安SIMと比較しても格安です。

また、どちらのプランを選んでもLINEのデータ消費は0で安心です。

使い方に合わせてプランを選択できるのはメリットでしょう。

メリット2.LINEアプリがデータ消費なし

LINEMOでは、LINEアプリのトークはもちろん、音声・ビデオ通話のデータ消費もゼロ。

データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)LINEアプリの通信速度は落ちないのは強みです。

また、データ容量の大きな画像・動画の送受信やLINE VOOM(旧:タイムライン)への投稿もLINEギガフリーの対象です。

LINEをメインとして使ってる人は、大きなメリットと言えるでしょう。

メリット3.5分以内の通話オプションが1年間無料

通話オプション月額料金割引後の料金
通話準定額(5分かけ放題)550円0円
通話定額(かけ放題)1,650円1,100円

LINEMOでは5分以内の通話オプションの料金が1年間無料になります。

通常550円のため年間で6,600円お得になります。

なお、かけ放題オプションに加入した場合は550円引きになります。

必要に応じて5分かけ放題かかけ放題に加入しましょう。

メリット4.最低利用期間や違約金がない

費用
最低利用期間0円
違約金0円

LINEMOでは最低利用期間や違約金がありません。

最低利用期間とは、「利用開始から一定期間は契約してください」という取り決めのことです。

一部の格安SIMなどでは最低利用期間が設けられている場合があり、最低利用期間内に解約した場合は、解約金がかかります。

LINEMOには最低利用機関や違約金がないため、実際に使ってみて料金や速度に不満を感じたら、いつでも解約・乗り換えが可能!

期間や違約金を気にせず自分のタイミングで乗り換えられるのは安心ですよね!

メリット5.制限時も最大速度1Mbpsで速い

料金プラン名データ超過後の通信速度
ミニプラン(3GB)1Mbps
スマホプラン(20GB)300kbps

LINEMOでは、データ容量を使い切っても安心です。

というのも、LINEMOで通信制限時でも最大1Mbpsという速度で使うことができます。

ドコモ・au・ソフトバンクの場合、通信制限時の速度は最大128kbpsです。

LINEMOではその約8倍の速度が出ます。

また、最大1MbpsではYouTubeの標準画質の視聴やSNSなどもストレス少なく使える速度。

よって、LINEMOはスマホを使いすぎてしまった月でも快適に使えます。

そもそも20GBという大容量ですが、万が一足りなくなった場合でも、最大1Mbpsで使い放題なら安心ですね!

なお、3GBプランの場合はデータ量超過後の通信速度が300kbpsになる点は注意しましょう!

メリット6.4G・5Gで毎月20GB使用可能

LINEMOはソフトバンクが提供するオンライン専用のプランです!

ソフトバンクと同じ速度で同じサービスエリアで、使い勝手が同じなので快適に使えます。

4Gはもちろんのこと、5Gまで利用できるうえに月に20GBまで使い放題です。

通常の格安SIMの場合、平日昼に遅くなったりしますが、LINEMOならその心配も少なく安心です。

メリット7.ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO間の乗り換えは手数料無料

契約解除料、事務手数料が無料になります。

ソフトバンクグループ間での乗り換え手数料は無料になります。

もしもLINEMOを使ってみて合わなかったら、別のソフトバンクグループのキャリアに気軽に乗り換えることができますよ。

ただし、事務手数料が無料になるのはオンラインで契約した場合に限る点は注意しましょう。

メリット8.テザリングが無料

LINEMOではテザリングが申し込み不要で無料で使えます。

テザリング無料なのが割と一般的ですが、大手キャリアでは時期やプランによっては500円程度の月額料金が発生することも…!

LINEMOではテザリングが無料で使えるので、

カフェや新幹線で移動中にパソコンやタブレットなどで大画面での作業も安心ですね!

「LINEMO」の料金プラン

ミニプランスマホプラン
データ量3GB20GB
月額基本料990円2,728円
LINEギガフリー対応対応
データ量超過後の通信速度300kbps1Mbps

LINEMOでは料金プランを2種類(ミニプラン、スマホプラン)用意しています。

使うギガ数によって料金プランを選択しましょう。

なお、ミニプランを選んだ場合はデータ超過後の通信速度やキャンペーン適用外の可能性があるので注意を…!

3GBで990円、20GBで2,728円と格安なうえに、LINEはギガフリーなのは嬉しいですね!

また、プランの変更はいつでも可能!契約後に変更する場合はマイページを確認しましょう。

「LINEMO」のキャンペーン

キャンペーン名ミニプランスマホプラン
①通話オプション割引キャンペーン対象対象
②LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン対象外対象
③PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン対象外対象

LINEMOのキャンペーンは上記の3つ実施中です。

ミニプランの場合は対象外のキャンペーンもあるので事前に確認しておきましょう。

また、「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」については特に注意が必要です。

①キャンペーン対象申込期間中にLINEMOの「スマホプラン」に新しい番号、または他社からの乗り換えで申し込み、LINEMOの利用を開始(開通)すること

②対象プランの開通日が属する月の翌々月(特典付与対象判定月)に、申込時点の料金プランと同一の料金プランであること

③ソフトバンク、ワイモバイルからのMNP乗り換えは対象外

もしも3GBでの利用を検討している場合、まずは20GBで申し込むのがおすすめ!

LINEMOの公式サイトでキャンペーンの内容を確認してくださいね。

「LINEMO」の評判・口コミとメリットデメリット/まとめ

✓ LINEがデータフリーで安心!

✓ 3GBで990円、20GBで2,728円で安い!

✓ 最低利用期間がなく、違約金がかからない!

✓ キャンペーンでPayPayでの高額キャッシュバック!

✓ 18歳未満での契約の場合は注意が必要

以上のような内容を解説しました。

LINEMOの最大の特徴はLINEがデータフリーで使えることでしょう。

そのため、LINEをメインとして使っている人は安心して利用できます。

また、LINEスタンプ プレミアムが実質無料になったり高額キャッシュバックなど嬉しい特典も…!

この記事を参考にしてLINEMOを検討してみて下さいね!

LINEMO

LINEMOではお得なキャンペーンを実施中!

✓通話オプション割引キャンペーン

✓LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン

✓PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

※当サイトはリンクフリーです。

2020年1月格安SIMブログ「べろりか公式ブログ」運営開始
スマホ業界9年の元トップ販売員が《楽天モバイル》《UQモバイル》《BIGLOBEモバイル》について分かりやすく解説していきます。

当ブログと同時にSNS運用。Twitterでは、約4,000名のフォロワーさん獲得。

仕事の依頼、格安SIMの個人的な相談は気軽にTwitterのDMへ。
また記事を紹介して頂いた際はTwitterで拡散します。お気軽にTwitterDMへご連絡ください。

目次
閉じる