MENU
楽天モバイルのiPhone13が値下げ!国内キャリア最安値!

楽天モバイルはLINEの年齢確認はできる?年齢認証やID検索などの注意点を解説!

この記事では、楽天モバイルはLINEの年齢確認はできるかについて、年齢認証やID検索などの注意点を合わせて解説します。

2人に1人が使っているといわれるLINE。日常的に家族や友人との連絡手段として使っている人も多いのではないのでしょうか。

LINE IDでの友だち追加を行おうとした際、LINEの「年齢確認(年齢認証)」ができていないと、「ID検索」で見つけることができません。

これから楽天モバイルに乗り換えようとする際には参考にしてみてくださいね。

\今月のキャンペーン情報はこちら/

目次

まず確認!そもそもLINEにはなぜ年齢確認があるのか?

LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

そこで、青少年のLINEユーザーの皆さんをトラブルから未然に守るため、KDDI・NTTドコモ・ソフトバンクモバイルと協力し、18歳未満の方はLINEのID設定およびID検索を利用することができないよう部分的な機能制限を実施します。

LINE 公式ブログ

LINEの年齢認証がなぜ存在するのかご存知でしょうか。

LINEでは、18歳未満のユーザーを保護する目的で年齢認証を行っていると、上記の通り公式ブログに記載があります。

過去には、18歳未満のユーザーがLINEなどのSNSを通じて犯罪やトラブルに巻き込まれた事例も多く、LINEだけではなく様々な大手のSNSサービスは年齢制限をかける傾向があるということです。

年齢確認があることによって未成年が犯罪に巻き込まれるのを事前に防ぐ効果があるからこそ、安心して利用できますね。

楽天モバイルではLINE年齢確認(年齢認証)ができる!

楽天モバイルではLINEの年齢確認はできます!

格安SIMでは、キャリアメールが使えなくなることや家族間の無料通話がなくなってしまうことなどは多くの人が気にかけるポイントです。

しかし、LINEの年齢認証については多くの人が見落としがちで、格安SIMへの移行後に気づくことが多いです。

LINEの友だち追加は普段から日常的に行われないので、いざ「ID検索」を行おうとした際に気づくなんていうケースも多く見受けられます。

楽天モバイルではLINEの年齢確認はできるので、移行後も安心して利用できますよ!

年齢確認を行う手順については、次の章で解説しますね。

楽天モバイルでLINEの年齢確認(年齢認証)を行う手順

手順①:LINEを起動し[ホーム]をタップ

手順②:歯車の形をした[設定]をタップ

手順③:[年齢確認]をタップ

手順④:[年齢確認結果]>[年齢確認]をタップ

手順⑤:楽天IDとパスワードを入力してログインし、認証を行う

楽天モバイルでLINEの年齢確認(年齢認証)を行う手順については、上記の5つの手順を順番通りに行うと可能です。

1分程度で年齢認証できるので、いざというときに使えるように事前に確認しておきましょう。

なお、アプリのバージョンがスマートフォン版「LINE」11.4.0以降でないと利用できないので、最新の情報にアップデートしておくように注意しましょう。

楽天モバイルでLINE年齢認証ができないときの代替案

代替案①:QRコードを利用する

代替案②:専用URLを発行し友だちに送信

代替案③:家族や友だちにSIMカードを借りて年齢認証をする

代替案④:楽天モバイルへ乗り換え前に年齢認証を済ませる

LINEの年齢認証ができないと、友だち追加は一切できないのかという疑問をお持ちの方もいるでしょう。

実はID検索以外に、以下の4つの方法でも友だち追加することが可能です。

LINEの年齢認証の代替案として確認しておきましょう。

代替案①:「QRコード」を利用する

LINE年齢認証ができない場合でも、実際にお友だちと会っている際やSNSなどで繋がっている際は、QRコードを利用しましょう。

LINEで「QRコード」を発行し、読み込んでもらうことで利用し友だち追加することができます

QRコードで友だち追加する方法

LINE年齢認証ができない場合のLINE友だち追加方法「QR検索」
LINE年齢認証ができない場合のLINE友だち追加方法「QR検索」

「QRコード」アイコンをタップした後、デフォルトで表示されるが読み込みモードです。

そのため、お互いに読み込もうとしてしまうシーンもよく見かけますね。

お友だちがあなたのQRコードを読み込む場合は、画面右下の「マイQRコード」をタップしましょう。

また、LINEアプリでは右上に写真を選択することのできるアイコンがついているので、QRコードの画像が送られてきたらそこから写真を選択すれば読み込むことができますよ!

代替案②:専用URLを発行し友だちに送信

LINEでは、「招待URL」を発行して友だち追加することもできます。

離れた場所にいる相手には以下の手順で、「招待URL」をSMSまたはメールで送信しましょう

招待で友だち追加する方法

LINE年齢認証ができない場合のLINE友だち追加方法「専用URL」
LINE年齢認証ができない場合のLINE友だち追加方法「専用URL」

SMSかメールアドレスの選択が表示されますので送信に使いたい方法を選択します。

招待を受け取ったお友だちは、「招待URL」をタップしましょう。

そうすると、「友だちを追加画面」が表示されるので、あとは「追加」をタップするだけです。

代替案③:家族や友だちにSIMカードを借りて年齢認証をする

家族や友だちに大手キャリアや年齢認証が可能な格安SIMの契約者がいる場合、SIMカードを借りて年齢認証をするという方法があります。

LINEのシステム上、年齢認証は一度してしまえばアプリを再インストール等しない限りはそのまま有効となります。

他人のSIMカードで認証した場合、相手のアカウントの連絡先と同期されてしまったり、相手の年齢認証が無効になってしまったりなど不安になることもあるでしょう。

しかし、今後に全く影響でることはないので安心して下さいね。

もし家族や友だちからSIMカードを借りるのが難しいのであれば1GBまでは無料で利用できる「楽天モバイル」を申し込みするのも一つの手と言えるでしょう。

代替案④:楽天モバイルへ乗り換え前に年齢認証を済ませる

楽天モバイルへの乗り換えを考えている方は、今のキャリアが年齢認証をできる場合「できるうちに」しておきましょう!

事前にやっておいて損することはないので、現在使っていないからという理由で放置せず、念のためにもやっておくことをおすすめします。

LINEアプリで「年齢認証」する方法

設定画面から「年齢認証結果」をタップすると、各キャリアごとの年齢認証ページが開きますので、それに沿って認証を行ってください。

ちなみに、年齢認証がすでに完了している場合は、②の様に「ID検索可」と表示されます。

楽天モバイルでLINEの年齢確認についてまとめ

✓楽天モバイルでLINEの年齢確認はできる!

✓LINEの年齢認証は5ステップで簡単にできる!

✓もしもLINEの年齢認証ができないときの代替案4選!

✓ほとんどの格安SIMで年齢確認はできないので注意!

楽天モバイルでLINEの年齢確認について、上記のような内容を解説しました。

格安SIMでは、LINEの年齢認証ができる会社が限られており、いざというときに使えないと困る時もあるでしょう。

しかし、楽天モバイルではLINE年齢認証ができるので、友だち追加も簡単に行うことができます!

月額0円から始められて、年齢認証が可能という理由から、楽天モバイルをサブSIMとして申し込みすることも検討してみるのもありでしょう。

楽天モバイルの口コミ・評判などについては以下の記事から確認してみてくださいね。

また、様々な理由でLINEの年齢認証ができなかったとしてもこの記事で提案したような代替案を行えば、特に問題なくスムーズに友だち追加ができるはずです。

楽天モバイルではLINEの年齢確認ができるので、安心して申し込みをしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

※当サイトはリンクフリーです。

2020年1月格安SIMブログ「べろりか公式ブログ」運営開始
スマホ業界9年の元トップ販売員が《楽天モバイル》《UQモバイル》《BIGLOBEモバイル》について分かりやすく解説していきます。

当ブログと同時にSNS運用。Twitterでは、約4,000名のフォロワーさん獲得。

仕事の依頼、格安SIMの個人的な相談は気軽にTwitterのDMへ。
また記事を紹介して頂いた際はTwitterで拡散します。お気軽にTwitterDMへご連絡ください。

目次
閉じる