BIGLOBEモバイル/2020年/速度は遅い?データをもとに解説

ご覧いただきありがとうございます。

本記事では、BIGLOBEモバイルの速度は遅いのか。

データを元に解説していきます。

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中(~3/31)
目次

主要3都市の通信速度結果

MMD研究所は、3月4日に「2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」を発表しました。

調査対象SIMサービスは、2019年8月19日~26日の期間で調査を実施。

【調査方法】
2020年2月4日~2月6日の平日3日間で、主要3都市である東京、名古屋、大阪※5の主要駅にて、各駅1箇所ずつ9時~10時、12時~13時、17時~18時の3つの時間帯において、2アプリで各サービス5回計測しています。

タイプAは速度が速い

BIGLOBEモバイルにはタイプAとタイプDの2種類があります。

通常時は10Mbps~30Mbpsの速度が出ます。

お昼時(12時~13時)を除けばかなり安定した速度が出ているのが特徴。

朝(9時~10時)、夕方(17時~18時)も早い速度を維持しております。

BIGLOBEモバイルは2017年からKDDIグループになっている為、au回線に特に力を入れている様です。

そういった理由からBIGLOBEモバイルを選ぶのであればAプランがオススメです!

タイプDはやや遅い

BIGLOBEモバイルのタイプDの通信速度はタイプAに比べるとやや遅いです。

通常時で2Mbps~10Mbps程度、お昼時は0.6Mbps程度です。

お昼時以外の朝(9時~10時)、夕方(17時~18時)もかなりストレスの溜まる通信速度です。

ほとんどスマホは使わない…という方なら十分ですが、タイプAに比べるとかなり見劣りします。

タイプAとタイプDの料金差もないので、特にこだわりが無いのであればタイプAを選ぶことをオススメします!

BIGLOBEモバイル/2020年・2019年で比較

この項目では、2019年から2020年に掛けてBIGLOBEモバイルの速度の変化について解説致します。

2019年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査
2019年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査
2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査
2020年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査

2019年と比較するとBIGLOBEモバイルの速度が上がってるのが分かると思います。

通信速度に関する補足

通信速度の切り替えが出来ない

BIGLOBEモバイルに通信速度の切り替え機能はありません。

他社の格安SIMでは高速/低速の切り替えが出来ますが、BIGLOBEモバイルには機能がありません。

通常は高速通信で通信しますが、マイページやアプリで低速に切り替えると、

通信速度が200Kbps程度に制限されるかわりに、データ容量を消費しないという機能です。

タイプAは3日間の制限がある

タイプDについては、直近72時間の通信速度制限はありません。
タイプAについては、直近72時間(3日間)の送受信の通信量の合計が6GBを超えた場合、通信速度を制限することがあります。

速度制限が掛かったら最大速度200Kbps

1カ月間のデータ通信量を超過されると、通信速度制限がかかります。
通信速度制限時は当月末まで上り下り最大200kbpsでの通信となりますが、ボリュームチャージ(100MB/300円)のお手続きで解除可能です。

BIGLOBEモバイル/申し込みはこちら

【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中(~3/31)

BIGLOBEモバイルの速度について解説致しました。

BIGLOBEのタイプAの回線の通信速度はかなり快適に利用できます。

速度に拘る方、YouTubeなどのコンテンツをよく利用する方に非常にオススメできる格安SIMと言えるでしょう。

↓↓BIGLOBEの申し込みは下記のボタンから↓↓お得な特典も用意しております!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

携帯電話・格安SIM・インターネットに特化して情報を提供致します。
【経歴】都内の私立大学→家電量販店携帯部門→人材紹介会社でうつ病になり退職→ベンチャー→2020年1月副業開始
【プライベート】DeNAベイスターズファン、ゆずっこ、二児のパパ、ポケモンファン、ONE PIECEファン
Twitterアカウント↓↓良かったらフォローお願いします!!
https://twitter.com/bero_rika

目次
閉じる